SHIDA FUTURE [

アクセスカウンタ

zoom RSS アツシ躍動 02.04 別府大分毎日マラソン

<<   作成日時 : 2007/02/04 20:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 ブログを始めて数ヶ月。前にも増して地元に対しての想いが強くなってきました。福島出身の選手の動向が気になったり,頑張っている人を探すようになってます。4日に行われた別府大分毎日マラソン,通称「別大」を録画ビデオで観戦。『二人のアツシ対決』と謳われたこのレースには藤田敦史,佐藤敦之の福島勢ランナーが活躍し,嬉しくってしょーがないぞ〜!
 ややスローペースの展開となったレースは,中盤から”二人のアツシ”とケンボイ選手の3人の争いに。37.8km地点,藤田選手が本格的ではない第一次スパートを仕掛ける。ケンボイ選手が遅れ,喰らい付いた佐藤選手も力尽きた仕掛けは絶妙のタイミングだったと言え,そのまま逃げ切り優勝!
 先月藤田選手の特集番組を観た。依然このブログで藤田選手の事を練習の虫で,故障をおしても走る・・・という様なことを書きましたが,見事にモデルチェンジが成功。番組によると昨季世界最高を出したハイレ・ゲブレシラシエ選手と対談し,今までの自分になかった「練習ペースを落とす」とか,「あまりにも神経質なのでは?」の指摘に触発され,肩の力が抜けた藤田選手が見事快走しました。日本人気質なのかは分かりませんが,ぶっ壊れるまで練習する姿は,練習の為の練習に見え,プロセスにあまりにも比重が置かれてるように思ってました。世界陸上は微妙ですが,これではっきりと北京が見えたと思います。
 それにしても,素人のボクにはまだまだ分からないことだらけのマラソン。レース後、ゲストの日本陸連・澤木氏がコメント。『佐藤選手にはスローペースがアダになり,最後のスパートに足が止まったようだ』 ???分からない。”スローだと力が残せる”というのは素人考えか。今度専門家に聞いてみたいと思います。ま,そんな人近くにいないけど・・・。
 ともあれ、福島勢の藤田,佐藤両選手の1・2フィニッシュは格別にイイ気分。福島大学の陸上部とあわせて,大阪世界陸上やその先の北京へと思いは馳せる。『今,福島の陸上界が熱い!!』と一人で思いながら,今日は祝杯です。

 □別府大分毎日マラソン情報
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
中通り出身の「アツシ」、会津出身の「アツシ」を振り切る!! 【マラソン 別大毎日マラソン】
陸上の世界選手権大阪大会(8月25日開幕)の代表選考会を兼ねた第56回別府大分毎日マラソンは4日、大分市営陸上競技場発着のコースで行われ、藤田敦史(富士通)が2時間10分23秒で優勝した。藤田のマラソン優勝は2002年3月の東亜ソウル国際以来、5年ぶり.. ...続きを見る
不定期更新のスポーツニュース
2007/02/05 00:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アツシ躍動 02.04 別府大分毎日マラソン SHIDA FUTURE [/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる